体験談3 兵庫県Tさん

①パーソナルコーチングについて

型にはまった指導では無いため、理想のフォームに近づけるだけでは無く、ひとりひとりの特性をしっかり理解した上で、個々人の能力を最大限に引き出すためのフォーム作りのコーチングを行ってくれていると思います!!

実際、ランのパーソナルを2時間受けただけで、ケイデンス(ピッチ)・上下動・接地時間がデータでみても相当改善され、それに伴いスピードも速く!!また、トレーニング後の身体の疲労度が今までとは全然違っており、今までが相当身体に負担のかかるフォームであったことを痛感しました…

ここから先このフォームを自分のものに出来るかどうかは自分自身の練習次第にはなりますが、その手助けとなる練習方法(ドリル等)まで指導してもらえるので、今後のランニングのレベルアップが楽しみに♪

②バイクフィッティングについて

バイク購入時にお店でざっくりとしたフィッティングはしてもらったものの、専門家の目から見ると窮屈な乗り方をしているとのことで…そこでバイクフィッティングを実施したところ、サドルの位置や高さ・ハンドルやブレーキレバーの角度・ステムの高さ等、いろんな箇所を触る触る!!細かい部分で言えば、シューズのクリートの位置まで…

これに伴いバイク自体は全く別のバイクに乗ってる感じで、フィッティングを実施する前と同じようにぺダリングをしているつもりでも巡航速度自体が速く!!また、長時間バイクに乗っていた時の疲労度もかなり軽減された感じが…

ランのパーソナルコーチングとバイクフィッティングのいずれも、変な癖がつく前の早いタイミングで受けることが出来たことが、何よりも良かったかと!!変な癖がついてしまうとケガの原因にもなりかねないですし、疲労度合いが軽減されることで練習量を増やすことも可能に…

ですので、上級者の方々が更に強くなるために実施することはもちろんでしょうけど、初心者こそ出来るだけ早いタイミングで実施することが重要かと思います!!

③彼のその後

スイムは得意だったものの、ランとバイクは初めて…。その後もバイクフィッティングやパーソナルコーチングを受けています。まずはバイクを徹底的に強化しました。

ブリックレッスン実走でのレッスンを繰り返し、変速のタイミング・エアロフォームなどに加え、様々なバイクのテクニックも磨きました。初めのうちは、なかなか上手くいかなかったものの2年目にはかなりのレベルに達しました(日本ではトップレベル)

その結果、2年目にしてIronman70.3世界選手権を完走、そして、それだけには留まらず、ITUageStandard世界選手権も完走、3年目は国体強化指定選手にも選ばれました。

4年目となる来年はIronman世界選手権KONA~Hawaiiを狙い、更にランを強化中です。現在、練習の実力を出し切れれば、間違いなくアイアンマン世界選手権に行くことが可能なレベルに達しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自転車と旅の魅力に取り憑かれ様々なアウトドアスポーツやサイクリング,公園遊びを愉しむ健康運動指導士。トライアスロンや持久系スポーツの初心者に役立つ情報、“そと遊び”と”アウトドアスポーツ”の愉しさと喜びを、老若男女に伝えられれば良いなと思っています。

そろそろお爺ちゃんになるアラ50の持久系スポーツコーチ・パーソナルトレーナーです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次