伊勢志摩・里海トライアスロン&アクアバイク大会2024、51.5人気NO1大会。初心者🔰の皆さんのために1週間前や当日の過ごし方など。

2023年20名以上のclient達が参加した伊勢志摩・里海トライアスロン。

2024年は7月7日、大会前で残り5週間。https://shima-tri.com/←伊勢志摩・里海トライアスロン大会2024のHPです。今年もclient達が参加するので楽しみです。

https://shima-tri.com/

伊勢志摩・里海トライアスロン大会は2023年も見事に51.5人気NO1大会に選出されました。

https://shima-tri.com/

充実のHP。これまで5回ほど伊勢志摩トライアスロンに参加(応援含)したのですが海も綺麗でバイクコースも走りやすく、大会の運営もスムーズ。さすがは人気No1大会のことはあります。

2023年から少し距離が伸びて競技距離は57km(S 2㎞・B 45㎞・R 10㎞)、制限時間は4時間30分(スイム制限時間80分)となりました。これも安全面を考慮してのようです。

伊勢志摩里海トライアスロン大会にはトライアスロンとアクアバイクがあります。

【トライアスロン】
競技距離:57km(S 2km・B 45km・R 10km)
制限時間: 4時間30分(スイム制限時間70分)
※種目毎に関門を設けます。関門時間に間に合わない場合は競技中止となります。

【アクアバイク】
競技距離:47km(S 2km・B 45km)
制限時間: 3時間30分(スイム制限時間70分)
※種目毎に関門を設けます。関門時間に間に合わない場合は競技中止となります。

アクアスロン(スイム&ラン)はメジャーですが、アクアバイクは他に例がないと思います。ランが苦手な人はチャンスかも😂

今回、伊勢志摩トライアスロン大会に参加する初心者🔰方の確認のために

1:大会1週間前、大会当日の過ごし方

2:持ち物リスト

3:トランジションのコツ

4:バイクのテクニック

これらを順に紹介します^_^

まずはレース1週間前の過ごし方です。

日曜日:

  • 普段より少し長めのランやバイクのトレーニングを行います。これにより疲労を蓄積させ、大会前のテーパリング(調整)期間に入る準備をします。

    初心者はスプリントや51.5でのデビューとなる場合が殆どで、練習量もそこまで多くないとの見立てなので1週間前から大会の調整に入ります。

月曜日:

  • 休息日(レストデー)とし、リカバリーに重点を置きます。ウォーキングや低負荷でのローラー(最大心拍数の60%前後で30~60分程度:)ストレッチやマッサージをしっかり行い、可能なら半身浴を行いましょう。

    ちなみに回復のための心拍数は活動しない状態での安静時心拍数+50~70程度です。活動しない状態での安静時心拍数は、起床直後や寝る前など、リラックスしている状態での心拍数です。これに50~70を加えた値が、休息日のリカバリーのための心拍数の目安となります。

    ガーミンなどのウェアラブルウォッチを所持している場合は終日つけていれば安静時心拍数を計測してくれます。

    例えば、安静時心拍数が60の場合、心拍数の目安は60 + 50~70で、110~130となります。(心拍数は個人差があり、あくまでも一般的な目安として示される値ですが、感覚だけに頼るよりは遥かに正確だと思います)

火曜日:

  • ポイント練習、短時間のインターバルトレーニング or ビルドアップ(徐々に強度を上げる)トレーニングを行います。バイクやランで行うと良いでしょう。体力や普段のトレーニング量によりますが時間的には60分程度のメニューで十分だと思います。

    ※ポイント練習とは、「インターバルトレーニング」や「ペース走」などの強度が高い練習の総称です。トレーニング効果は高く、バイクやランのパフォーマンスを向上させるのに必須の練習です。

水曜日:

  • スイムに重点を置きます。最終週なので初心者の方はもう一度、基本を見直しましょう。エアスイムや習得したドリルなど技術の練習を取り入れ、ポイント練習のりカバリーも兼ねて、ゆっくり大きく泳ぎましょう。

木曜日:

  • 短い距離のランやバイクを行い、パフォーマンスを維持しつつ、疲労を軽減します。テーパリング期間は疲労の具合と相談し初心者はいつもの6~7割程度の運動時間(疲労にもよりますが強度はそこまで下げる必要はありません)にしておきましょう。

金曜日:

  • イージーDay(軽いトレーニング)にします。短い距離の練習を行い身体を活性化させます。また、レースで使用する装備や栄養戦略の最終確認を行います。

    週間トレーニング時間が8〜10時間程度の、初心者は金曜日と土曜日は多くてもトータル2時間程度のトレーニング時間に抑えておいた方が無難だと思います。ここで追い込んでも疲労が蓄積するだけです。

土曜日:

  • 大会前日は短時間(初心者の方は30分程度)の軽いトレーニングをして身体に刺激を入れます。可能であればレースのルートやスタート地点の下見をします。

    大会前日は移動や準備も多く初心者の方はバタバタとすることが多いので、無理にトレーニングをする必要がなく寧ろバイクの機材のチェックや大会に必要な持ち物の確認などに充てても大丈夫です。 
  • 大会疲労を蓄積させた筋肉を回復させる。栄養摂取や水分補給にも注意し、レースに備えます。

そして大会当日です。

大会当日:

  • スタート時間の3時間前には食事を済まし、準備をしてレースに備えます。これらはあくまでも一例ですが、当日と前日の準備について少しだけ詳しく説明します。
  1. 身体を休息させる:大会前日は身体の回復を優先させるべきです。軽いストレッチや散歩程度の軽い運動はいいですが、ハードなトレーニングや新しいエクササイズを試すのは避けてください。


  2. 良質な食事を摂る:炭水化物を中心とした食事を摂取し体内のグリコーゲンを充填しましょう。これはトライアスロンの様な持久系スポーツにおいてエネルギー源となるので重要です。


  3. コースの再確認:可能であれば、コースの下見や、レース当日の進行について再確認しましょう。競技の流れやコースの詳細を把握しておくことは、当日のパフォーマンスに直結します。説明会にキチンと参加し、試走が可能なら試走して下ください。更に私は就寝前にレースのシュミレーションを必ず行います。


  4. 機材のチェック:自転車のメンテナンスを最終チェックし、スイムキャップ、ゴーグル、ランニングシューズなど、必要な装備が全て揃っていることを確認してください。初心者の方で機材について詳しくなく前日や当日に何か問題があれば会場でメカニックブースを探すか知り合いに助けを求めましょう。


  5. 早めの就寝:当然ですが十分な睡眠はパフォーマンスに直結します。大会前夜は早めにベッドに入り、十分な睡眠を取るようにしましょう。前日の飲酒や食べ過ぎは避けましょう。


  6. メンタルの準備:レースのシュミレーションを行いましょう。何度も行ううちにどんどん良いイメージが湧いてきます。

次は持ち物リストです。

皆さん持ち物の準備は万全ですか?

1ヶ月前なのでそろそろ持ち物の準備を始めましょう。

今回紹介するのは基本的な持ち物リストです。初心者の皆さんは参考にしてください。

補給の準備は大丈夫ですか?

スイム:

  1. スイムキャップ(寒い場合は2重でかぶる)
  2. ゴーグル(OWS用が良い)
    ※レース前に新しいものを購入(曇り防止)
  3. スイムスーツ(トライスーツ)
  4. ウェットスーツ(必要な場合)
  5. アンチフォグスプレー(ゴーグル用)
  6. ワセリン(ウェットの擦れやパッドの擦れを防止)

バイク:

  1. ロードバイク(またはトライアスロンバイク)
  2. ヘルメット(エアロヘルメット推奨)
  3. サイクリングシューズ(トライアスロンシューズ)
  4. 輪ゴム(シューズをバイクに固定)
  5. ビブショーツ(トライスーツを着用する場合は不要)
  6. サイクリングジャージ(トライスーツを着用する場合は不要)
  7. サングラス(エアロヘルメットにバイザーがついている場合はランで装着)
  8. グローブ(転倒時の予防に推奨)
  9. ビッグナンバーベルト(バイクとランで必要、安全ピンや両面テープでもOK)
  10. ボトル(水分補給分と掛水用を持っておく)
  11. 修理キット(スペアチューブ、タイヤレバー、ミニポンプまたはCO2インフレータ)

ラン:

  1. ランニングシューズ(シューレースをゴムに変えても良い)
  2. ランニングソックス(スプリントなどは裸足で走る方は無し)
  3. レースナンバーベルト(バイクとランで必要だがユニフォームにピンで止めても良い)
  4. ランニングキャップまたはバンダナなど(暑熱時は特に推奨)
  5. ランニングウェア(トライスーツを着用する場合は不要)

その他:

  1. エネルギージェルやバー(1時間に60g~90g前後)
    ※前もって自分に合う糖質の量や種類を探しておく
  2. 水またはスポーツドリンク(1時間に600mmlくらいは準備)
  3. タオル(大・小、トランジションでの足拭きなどにも使用)
  4. 日焼け止め(水に入っても落ちににくいものが良い)
  5. 応急処置キット(トランジションバックに入れておく)
  6. 時計またはGPSデバイス(ガーミンなど)
  7. トランジションバック(トライアスロン専用の大きなバック)
  8. 電解質サプリ(ナトリウムなど1時間あたり1g程度は持っておく)
  9. 掛水用のボトル(炎天下に備える)
  10. 各種ビニール袋(ウェットを着る際やゴミなどに使用)
  11. 両面テープ、安全ピン(ゼッケンをジャージに貼る場合)

これらは一般的なリストで、個々のニーズや特定の大会の規則により、ギアの追加または変更が必要な場合があります。

補給、特にジェルなどは自分に合ったものと量を練習で試しましょう。

ジェルがどうしてもダメな方や個々の消化・吸収能力により異なるので練習での実験が重要です。

ゼッケンを貼る両面テープや靴べらなどもあります。

大会によってはウェットスーツの着用が必須または禁止されている場合やローカルルールもあるので、各大会のルールを確認してください。

2024年2025年にトライアスロンデビューを考えている方は少し驚かれるかも知れませんが、トラアスロンは思ったよりも多くのギアが必要です。

自分の身体は最も重要なギアです(笑)身体のケアも普段からしっかりと行いましょう。

スイム・バイク・ラン・ブリック(2種目を同時に行う)などの練習は万全ですか?

トランジションの練習は行いましたか?

トライアスロン用のバックなどは購入しましたか?

レースのウェットを着用して海で泳いでみましたか?

大会までにしっかりと準備し実際にギアを試してみましょう。

そして調整期間のうちに余裕があれば素早いトランジションの練習も行ってください。まだ間に合います(笑)

あわせて読みたい
トライアスロン初心者対象・トランジション(種目間の移行)ヒント トランジションは重要な役割を果たし、レース時間に大きな影響を与えます。トライアスロンのトランジションは2回あります。T1 (スイムからバイクへのトランジション) と...

トランジションは重要な役割を果たし、レース時間に大きな影響を与えます。

トライアスロンのトランジションは2回あります。

T1 (スイムからバイクへのトランジション) と T2 (バイクからランへのトランジション)です。

大会ではこの2回のトランジションをスムーズに行うことが重要です。トランジションは第4の種目と呼ばれタイムに大きな影響を及ぼします。

2年ほど泳ぐとスイムで1500mを2分縮めるのは至難の業だと思います。スイムは必死に練習しているのにトランジションはすごくゆっくりという方を沢山見かけます。

大袈裟でなくここで遅い人と速い人では2分くらいは変わってきます。それが2回あるのです。

そこで初心者の方にトランジションのヒントをお伝えします。

1. 準備と装備の配置:

  • 必要なアイテムの順番にトランジションバック(トライアスロン専用のバックでAmazonなどでも購入可能です)に詰めます。まずスイムのアイテム、次にバイク用、最後にラン用のアイテムのように種目ごとに分類します。


  • 当日の混乱を最小限に抑えるために、各種目の装備を別々のバッグにまとめてからトランジションバックに詰めます。


  • トランジションエリアでバックから装備を取り出し、装備を必要な順番にセットします。すべてをきちんと整理し、各装備がどこにあるかを覚えておきます。デビュー当日は焦っているので、なるべく混乱は避けたいものです。

2. T1: スイムからバイクへのトランジション

  • ウェットスーツのスムーズな脱ぎ方を練習しましょう。手首と足首の内側のワセリンなどの潤滑剤を塗ることで脱ぎやすくなります。スレ防止のために首筋や脇周り(ロングジョン)などにもワセリンを塗っておきましょう。


  • 時間節約のために、トランジションエリアの自分のバイクラックに到着するまでにウェットスーツを走りながら(ファスナー付きの場合、胸を開けておいても良いでしょう)途中まで脱ぎます。視界を確保する為にスイムのゴーグルもキャップの所まであげておきます。



    そしてトランジションエリアのバイクラック前に到着したら、ウェットスーツの残りを脱ぎ、キャップやゴーグルも外します。ウェットのパンツ(セパレートの場合)は片脚でパンツの裾を踏んで脱ぐと良い(要練習)でしょう。


  • バイクをラックから降ろす前にヘルメットをかぶりサングラスや(バイザー付きのバイク用ヘルメットがある場合はサングラスはランの時に装着します)レースナンバーベルトを装着します。安全面を考慮し多くのレースでルールとなっています。海外のアイアンマンではサンオイルなどがトランジションエリアにおいてあるのでたっぷりと塗りましょう(笑)


  • レースナンバーベルトはウェットの中に装着しておいたりベルトを使わずにウェアに留めておく方法もあります。禁止されている大会もあるので大会HPやパンフレットをかくにんしておきますしょう。


  • 前回、説明したゴムバンドで水平に保たれたトライアスロンシューズを使用します。これにより、乗車ラインまで素早く走ることができ、飛び乗った後にすぐにペダルを踏み始めることができます。トライアスロン専用のシューズなら飛び乗った後はすぐにシューズに足を滑り込ませること可能です。


  • ギアの配置方法考え自分が最もトランジションがしやすいように自宅で何度もシュミレーションを行いましょう。

3. T2: バイクからランへの遷移:

  • 飛び降りながらのバイクからの降車を練習します。トランジションエリアが近づいてくれば少しケイデンス(回転数)をあげ(脚の疲労を抜きランへの移行準備をします)シューズのストラップを外し、足をシューズから抜き出し、シューズを踏んでペダリングを継続します。乗車ラインが近づいてきたら、一方の足をバイクから振り降ろし、もう一方の足はペダル上でバランスをとります(ママチャリを降りる時と同じ感じです)。そして降車線の前でバイクから降ります。

  • ヘルメッを外す前にバイクをラックに戻します。バイクをラックに戻した後にキャップやバイザー必要に応じてサングラスなどを装着します。


  • ランニングシューズには伸縮性のある靴紐やレースロックを使用して、素早く履けるようにします。そうすると靴紐を結ぶ時間が短縮されます。シュータンなども履きやすいように準備しておきます。裸足でランニングを行う場合はシューズにワセリンなどを塗っておくと良いでしょう。


  • その他にも必要な栄養補給をシューズの中に入れておくなどして忘れないようにします。トランジション時に素早くギアを装着できるように大会までに自宅で何度もシュミレーションを行いましょう。


4. ヒント:

  • レースの日までにトランジションの練習を何度も繰り返します。

  • トランジションエリアを整理して無駄をなくします。必要なものだけを持ってくるようにします。

  • トランジション中に脚を伸ばして座りながら(痙攣を起こしやすいですし、周囲の邪魔になります)行っている方を多く見かけますが避けた方が良いでしょう。

  • トランジションエリアのレイアウトを覚えて、自転車を探したり、出口を探したりする時間を最小限に抑えます。OWSの時と同じように目印を決めておきましょう。
あわせて読みたい
初心者向け・トライアスロンのトランジション練習。バイクを押しながら走る。 以前トランジションとは何か?について簡単に説明しましたが、T1(スイム→バイク)への移行の際、トランジションエリアでウェットスーツを脱ぎ、ヘルメットやサングラ...

バイクを押して走る練習をされてない方は、これも調整期間中に行ってください(笑)

私の参加の経験から伊勢志摩・里山トライアスロンのコースは比較的安全ですがレース中に蛇行をしている方や、坂道を重過ぎるギアで漕いでいる選手を多数見かけました。

集団走行は禁止されているとはいえバイクは他人を巻き込む可能性があります。

レース中も社会人は安全第一。笑顔でゴールするために実走練習は欠かせません。

初心者のレッスンでは基本的なロードバイクのテクニックを練習しています。

あわせて読みたい
伊勢志摩・里海トライアスロン大会2023に向けて・ロードバイクのテクニック 20名弱のクライアント達が参加する伊勢志摩・里海トライアスロン大会2023に向けてブリックレッスン!実走でのレッスンを繰り返すとバイクのテクニックが確実に向上して...

今回はテクニックについても少し紹介します

  1. ポジショニング: ロードバイクはエアロダイナミクス(空気抵抗)に大きく影響されます。そのため、体を小さくして空気抵抗を減らすことが重要です。

    背を丸め、顎を胸に近づけ、肘を曲げてコンパクトな形状を保つことが求められます。トライアスロンの場合、更にエアロバーを持った姿勢なども実走でチェクしています。


  2. ペダリング: 効率的なペダリングは速度と持続力に大きく影響します。ペダルを踏むときには、下半分だけでなく上半分も意識的に使うことで全体の力を均等に分散させます。

    これは「円滑なペダリング」または「円を描くペダリング」とも呼ばれています。登りや下りダンシング時のペダリングもチェックします。(希望者にはモーションセンサーを装着しています)


  3. ギアチェンジ: 適切なタイミングでギアを変更することは、速度を維持し、脚力を適切に使うために重要です。アップヒル、ダウンヒル、フラットなど、地形に応じてギアを変更します。

    トライアスリートはギアの変更が極端に少ないので地形に応じて小まめな変速を心がけましょう。『坂は重ギアで変速せずに気合いで登る』などは論外です(笑)

  4. ブレーキング: ブレーキは前輪と後輪の両方に適用されますが、大部分の制動力は前輪にあります。ただし、急ブレーキ時には前輪だけを強く使うと、ロックがかかり前方に飛び出す可能性があるため、両方のブレーキを均等に使うことが重要です。

    いざという時のためにブレーキングの技術も重要なので、ブレーキングや急制動の指導も行っています。


  5. コーナリング: カーブを曲がるときは、事前に速度を落とし、体重を内側に移動させ外脚荷重でバランスを取ります。そしてカーブの最も外側から入り、内側を目指し、再び外側に出るというライン(アウトインアウト)を描くことが一般的です。

    他にもリーンインやリーンアウトなどテクニックは多々あるのでクライアントのレベルに応じて指導します。


  6. クライミングとディセンディング: 坂を登るときは、斜度に応じて体重を前方に移動(バイクの中心を探る練習もします)させます、効率的なダンシング(立ち漕ぎ)を組み込むことで使う筋群を分散することができます。

    一方、下り坂では体重を後方に移動させて前輪の制動力を確保し脚を止めずにパワーを維持します(技術レベルによります。

    実走はテクニックの向上のために行いますが、そのことが結果的に安全の確保につながります。

トラアスロンは3種目ありどうしてもスイムやランとバイクはローラーが中心になってしまいますがバイクの実走練習は初心者にこそ重要です。

そして何より個人的には外でのバイク練習が最も楽しいと思うのですが、どうでしょうか?(笑)

https://shima-tri.com/

皆さんはデビューまでに安全確保のためのバイクの実走練習はしっかりと行ったでしょうか?できなかった方は大会後に次のレースに向けてしっかりと行なってくださいね。

伊勢志摩・里山トライアスロンでデビューされる初心者に向けて少しだけ纏めてみました。

あわせて読みたい
伊勢志摩・里海トライアスロン大会2023に向けてブリック。関西から行ける初心者にお勧めの大会。 7月2日に開催される伊勢志摩・里海トライアスロン大会2023、昨日は大会に参加するクライアントと最終調整のブリック。20名以上のクライアント達が参加するので今回は私...

2024年シーズン真っ只中、関西でも沢山の大会が次々に開催されます。目標の大会に向けて体調を整え大会を愉しみましょう。

UNITYでは毎週金曜日の20時〜トライアスロンの相談会を実施しています。

初心者🔰やこれからデビューを考えられている方のためのトライアスロン相談会です。

あわせて読みたい
初心者のためのトライアスロン相談会を毎週金曜日に大阪で開催中。 初めてのトライアスロン相談会【オンライン及びオフライン】 【トライアスロンデビューへ向けて!】 UNITYではトライアスロンデビューをされる方/初心者の方限定で【初...

こちらのブログでは初心者の方がに向けての記事を中心に紹介しています。

プロフィールです。

あわせて読みたい
プロフィール Profile 溝端 祐一(みぞばた ゆういち)1974年1月11日生まれ身長176cm  体重62kg 血液型A型 http://unity-fit.com/?page_id=2102代表挨拶 アウトドアスポーツトラベ...

疑問や興味のある方は気軽に連絡してください。

あわせて読みたい
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自転車と旅の魅力に取り憑かれ様々なアウトドアスポーツやサイクリング,公園遊びを愉しむ健康運動指導士。トライアスロンやスパルタンレース、様々な持久系スポーツの初心者に役立つ情報、“そと遊び”と”アウトドアスポーツ”の愉しさと歓びを、老若男女に伝えられれば良いなと思っています。関西在住の持久系スポーツコーチ・パーソナルトレーナーです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次