2023年アイアンマン・ケアンズ速報リザルト。国内のサブ10アスリートと少数精鋭の若者達。

注目していたアイアンマン・ケアンズが終わりました。かなりの日本人が参加していたようです(数日後にオフィシャルHPにアップされればわかります)

トライ-フィット ”ユニティ”持久系...
2023Ironman Cairns ・五島国際トライアスロンの記録速報をチェック。来年ロングデビューを目論む方へ。 | ... 今日はアイアンマン・ケアンズと五島国際トライアスロン。クライアント達が参加するので今週も気が気でない週末です(笑) 2017年は前年との比較実験として、軽量ロードバイ...

五島国際トライアスロンも同日に開催されたのですが、やはり国内のプロトライアスリート達やトップアスリート達が多数参加するアイアンマン・ケアンズに注目していました。

特に今回は個人的に応援している若者も参加していたので尚更です。

アイアンマン・ケアンズの選手の動向や速報リザルトはアイアンマントラッカーで選手を登録すると随時確認することができます。

https://www.ironman.com/app-tracking-information ←アイアンマントラッカーのAPPです。

https://www.ironman.com/app-tracking-information 

アイアンマン・ケアンズのサブ10達成者は5名。結果は予想通り3名の若者達(40歳以下を若者と定義、1人は41歳ですが国内では・・笑)が1・2フィニッシュ。元MTBオリンピック選手のTakeya選手がそれに続きました。

特にOhata選手は総合9位Hoshi選手は総合14位を獲得し国内選手が世界でも戦えることを証明してくれました。海は珍しく穏やかでクライアント達も自己ベストを更新(笑)

2016年とは全く違う海で波も穏やかで泳ぎやすかった様です。

トライ-フィット ”ユニティ”持久系...
ニセコクラシックTT速報リザルト。若きトライアスリート達(アイアンマン)の進化はバイク強化の賜物か? | ... 明日はアイアンマン・ケアンズに五島国際トライアスロン大会。これらの大会には所謂、アイアンマンレースを目指す国内のトライアスリートが参戦します。そして個人的な注目...

そして残りの上位選手はやはり昔からの知り合いや競い合った選手ばかりでした(笑)五島国際トライアスロンでもトップは予想通りKuyama選手でまさに圧勝。

2023年は風が穏やかだっととしても、予想通り国内上位選手の皆さんはバイクラップが日本人離れ(40歳以下の選手達)しています。バイクの距離の長いアイアンマンではバイク強化は必須です。一昔前までは数名を除き海外選手と比較すると日本人はバイクが圧倒的に弱かったので喜ばしいことです。

        
そして国内でもサブ9を狙える若者達が出てきたことが嬉しいですね。やはり屈強な若者達がいないと競技は衰退してしまいます(笑)そして50〜54歳カテゴリーの年代別1・2は日本人選手

50代でのサブ10達成は本当に凄いと思います。総合でもTakeya選手25位、wakayama選手が62位(644人が出場)相変わらず50代のマスターズも強い(笑)同世代の活躍はこちらも力を貰えますね。

女子は国内のトップレベルを目指すにためには、まずはサブ12(サブ11は一般的な社会人ではかなり厳しいと思われます)のが目標となりそうです。女子もOTA選手が10時間20分でトップ8。女子のサブ10は男子のサブ9レベルといった印象です。

団塊ジュニア世代が数で勝負なら国内の若手選手達はまさに少数精鋭。素晴らしいですね。願わくば今後のためにももっと人数が増えて欲しいですが、少子高齢化や経済など現状を見る限りそれは厳しいと思われます。

クライアント達が様々なレースに参加しているので私は毎週のように業務の合間にトラッカーを確認します。

アイアンマン・オーストラリアに引き続きクライアントがKONAの出場権を獲得しそうなので、落車していないかペースが落ちていないかをドキドキしながら確認しています(笑)

そして夜中に全員の無事を確認し就寝。クライアントも明日のスロットミーティングで恐らく世界選手権KONAの権利を獲得する筈です。

このような仕事(パーソナルトレーナー・コーチ)をしていると、こんな時間もたまらないものです^_^

今朝も清々しい気分で目覚めることができました。


※追記:プロ選手達を含めたフルリザルトが発表だれていました。☞https://www.multisportaustralia.com.au/races/ironman-cairns-2023

https://www.multisportaustralia.com.au/races/ironman-cairns-2023/events/1/

Ohata選手は海外のプロ選手を含めても23位、Hoshi選手は30位でした。完走者は831人。日本人選手はなんと230人。

そしてIronman Australiaに引き続きクライアントIronman世界選手権KONAの権利を獲得して一安心。10月開催のKONAやNeiceも楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自転車と旅の魅力に取り憑かれ様々なアウトドアスポーツやサイクリング,公園遊びを愉しむ健康運動指導士。トライアスロンや持久系スポーツの初心者に役立つ情報、“そと遊び”と”アウトドアスポーツ”の愉しさと喜びを、老若男女に伝えられれば良いなと思っています。

そろそろお爺ちゃんになるアラ50の持久系スポーツコーチ・パーソナルトレーナーです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次